心と体

2020年7月20日 (月)

いとこ

15日にいとこが亡くなった。急死。仲良くしていたいとこだった。

昨年、夫が心筋梗塞になったと電話があったときから距離ができていた。

彼女はとても気遣い屋さん。いつも悩みを抱えていて太れないと言っていた。

訃報を知ったとき、旦那の方だと思って聞き直したが、彼女だった。

なぜ?と思った。。。伯母が精神を病んでいたんでしょうと。

旦那とは折り合いが悪く、常に問題を口にしていた。私から見たら十分満たされているのにと思った。

三浦くんのこともショック。NHK番組で、毎週優しげでハンサムな彼を観るのが楽しみだった。

みんなそれぞれ悩みを抱えている。乗り越えていこうよ。。。話せる人がそばにいなかった?

人が信じられない?どうせわかりっこない。そうだよね。それなら神さまに話そうよ。

どうかImg_2995 絶望しないで・・・

2020年7月14日 (火)

大変なひとたち(己も含む)

結論から言うと家族、特にこのAさんのことに関しては本人もとより両親{家族)への関わりがもっとあったらと思う。

彼女に関わった人がみんなさじを投げたと言っても過言ではない。大変な人。今も祈らずにいられない。

その無垢に見えてチャーミングな様相は既婚者を惑わし、知らず知らず?に自分へと向かわせていた。(悩みを打ち明けられても自慢に聞こえてしまう。)

確かに可愛く儚げにもたれかかって来る彼女に男性は心が傾くだろう。

今の彼女は姿が変わってしまっている、会ったら驚くだろう。(病院の薬処方中)

 

ある日の夕方総合病院から電話があり、Hさんを迎えに来て欲しい旨。えっ何で私に?家族が居るでしょう!伯母さんだって。

急いで行くと彼女は「栄養失調」との診断だった。帰りたくないという彼女に家で食事を。その後彼女の家に。

両親は彼女の子と一緒に家を出て行ったという。行き先も告げず連絡も取れないまま・・・(彼女の話)

内科医の夫も両親も彼女を放棄した形。

彼女が1人になってから瀟洒な家は荒れて変わり、彼女の身体は酷く汚れていた。東京ではモデルもしていたという。

以前、母親が洋服を選んで買っていると言った事が信じられなかったがこれで少しわかった気がした。何でもやってあげていたのだ。

夫も子もいる30代の女性。(夫とはその後離婚)

彼女からの電話がひっきりなしになってきた。(私も以前、不安定になり、何度も電話をかけてしまうということがあった。被害に遭った人本当にごめんなさい)

こんな人がひとり暮らし?ソーシャルワーカーに電話してみた。

「1人では行かないでください。危険です」と言われた。もちろん守秘義務があるから詳細は話さない。

危険って!!!?(いろんな事件が頭をよぎる)こんなとき、彼女からの情報だけっていうのは困惑至極。振り回されかねない。

ドクターでもない、ソーシャルワーカーでもない者はどう接していったらいいのか善処が困難に。

大変な人はこれからも増えていくことだろう。これからの社会問題の重要課題でもあると思った。

 

彼女の家から近い教会の牧師に会いに行く。ご夫妻が関わって下さると仰った・・・・・。

 

神さまどうか彼女の家族に愛と平安を与えてください。

Img_2605_20200714101201

 

2020年7月 1日 (水)

アーサーより

6/30
『GRACE ABOUNDS』
(恵は満ちている)
「恵は十二分に今、与えられている。」
情けない…と思うことがある。
己の心が狭い、と感じてしまうのである。
言われたことを聞き流せず、言わなくてもいいことを
言ってしまい、疑心暗鬼の思いに
心を奪われてしまうのである。
理想はあっても、理想には到達できず、
目標を掲げても途方にくれてしまう自分がいる。
現実と向き合うことは心地よいことではない。
むしろ、居心地が悪い。
ため息をつき、ちきしょう…という捨て台詞が
知らず知らずのうちに口ずさむ、歌となっている。
誰とも話したくはない、しかし一人でいるのも
みじめに感じる。
誰かに当たり散らしても解決はなく、
己を攻め立てても、またみじめになるだけである。
そんな時は「こんな日もあるさ…」と開き直るしかない。
考え込めば煮詰まってしまい、
正そうとすれば腹が立ってしまう。
無理を己に強いることはない。
また、気張ることもない。
頑張る必要もなければ、歯をくいしばることもない。
IT’S OK、大丈夫だから…
と自分自身をなだめてあげることである。
情けなさを感じるのは己に情けをかけてあげないからであり、
辛いのは己を労ってあげないからである。
また、優しい気持ちになれないのは
己に対して優しくないからである。
魂のROCKERは、
「あなた自身を愛するように、
あなたの隣人を愛しなさい。」
と謳っている。
今日という日があなたを包んでいる
恵深い天からの愛に
満たされる日となりますように…
「恵深い愛はあなたから決して離れることはない。」
2020年 6月 30日 火曜日
アーサーホーランド

2020年6月29日 (月)

あなたを通して

以前、御主人が突然、膵臓ガンになり本人より泣いてばかりの女性に会った。(知人にあんたが泣いてばかりでどうするっていわれたそう)

話を聞いて、一緒に祈り・・・御主人の手術が成功してしばしの安堵。奇跡のように名医に出会い診察を受けられたそう。

それからどのくらい経ったのだろう?

しばらくぶりに彼女に会ったら御主人が入院されたそう。でも以前のような動揺はみられない。

彼女から最近TVで観た横田さきえさんの話に。そこから受けたのは「覚悟」だそう。

別れ際に「また何かあったら家に伺う、あなたを通して」と。

私じゃなくてって思ったけど・・・神さまに出会い導かれるのは彼女の為。

あとはすべて御心のままに・・・。Img_1980_1

 

 

2020年5月30日 (土)

人権とは?

人権について難しいことは言えませんが・・・

京アニ放火事件の犯人が担架に乗せられている映像を観て思ったことがあります。

彼はもちろんやけどの治療を受けたのですが、どの程度の治療なのか?考えされられました。

本人は「どうせ死刑なんだからリハビリなんか・・・」と言っているようですが。

36人もの命を奪った非道極悪人。病院ではじめて人の優しさに触れたという。

どういう人生だったのか、これから

彼の口から聞くことになるのでしょう・・・が。そんな言い訳がなんになるのか。

こういう人にならないように教訓?こういう人を育てない教訓?

 

人の孤独、寂しさは大きな罪を引き起こす要因になるのだけはわかった。

担当の医者や看護師たちの心中やいかに。

ドクターは「淡々と目の前の患者を治す事だけに集中する」と仰ってる。

 

 

以前、実の娘(小学生)を性暴行していた父親とその家族に関わったことがあった。知り合いの祖母の訴えにより。

女児は下腹部の病気になり入院した。たぶんの話になるけど・・・病院内部に知れ渡ることになったと思う。

今なら虐待事件で大騒ぎになるようなことも当時(20年前頃)はなかった。家族、学校、病院、地域・・・どこも。

知的障がいの母親(30代)がインフルエンザ(ほっておいたようだ)で亡くなってから、代わりのように父親は子供をもてあそんだ。

家も酷いありさまだった。

逃げてきた孫を祖父母がかくまったけど、父親は娘を取り戻したがったという。

 

しばらくすると、父親がガンになり、娘と同じ病院へ入院することになった。祖母に頼まれ一度だけ様子を見にいった。

看護師が私を親戚と思ったのか、冷たい態度をとられた記憶がある。彼はその後退院することなく亡くなった。

正直ほっとした。 人が死んでほっとするとは・・・・。

 

子供3人は養護施設に行くこととなる。  祖父母、親戚は引き取らなかった。

 

酷い犯人に接する人たちは感情をどう処理しているのだろう。無になるって難しい。

やはり、淡々とこなすのだろうか。

 

今回の事件の犯人の手が酷くみえた。

2018年11月18日 (日)

とき

「人間は、自分の時間をどうするか自分で決めないといけない。
 時計というのは、人間1人ひとりの胸の中にあるものを、きわめて不完全ながら、まねてかたどったものなのだ。
光を見るのに目があり、音を聞くために耳があるように、時間を感じとるために心がある。
もしその心が時間を感じとらないような時は、そのじかんはないも同じだ」
ミヒャエル・エンデの『モモ』 より
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
忙しさは心を亡ぼし
慌ただしさは心を荒らす
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
あなたはそのままで
愛されている      渡辺和子
Img_0542

2018年10月 5日 (金)

聴力

聴力検査で医療センターへ
ノーベル賞受賞のドクターが「賞よりも患者さんが喜んでくれた言葉が一番嬉しい」と仰っていたのが心に残っていたので、
私も担当ドクターに「水を怖がらずに泳ぐことができて嬉しいです。人生が前向きになりました」とちょっとオーバー?に感謝しました。
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙先生は鼓膜がきれいに再生しているのを感心してます。
聴力はそれなりで。。。まぁよしとしましょう??
困るのは運転中、救急車がどちらから来るのかがわからなくて軽くパニック。
救急車の音が聞えると特に緊張してしまいいます。
弱い聴力は注意力でカバーできたら。。。と思ってますがどうでしょう?
片方の耳も頑張ってくれています(o^-^o)
さて、夏も終わり車が減ったのであちこち出かけています。
これからは紅葉の山々が美しいです。 きのこも豊作ですって!!
Img_2417拾ってきた枝はこうなりました

2018年9月24日 (月)

恢復

粘土を試行錯誤。。。何を作ろうか?(決めてなかった)
醤油猪口と皿にした。前の方は秋刀魚皿。。。これも良かったね、でも人の真似は嫌だった。
葉っぱが用意されていて、何人かはそのまま葉っぱの形。
私も途中までは同じだった。。。だけど。。。握りつぶして葉脈だけ移した。
するとクラブの会長他が見に来て褒めちぎられる(*^-^) 
「このアイデア初めて観たわーこれはいただくわ」と言われる。おだて?
そしてクラブに熱心に誘われる(そういうこと!?)
とにかく、初めての陶芸でした!今は乾かしている段階です。
頭を真っ白にして何かに夢中になることが今の私には必要です(=´Д`=)ゞ
N3
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
以前自分の葬儀の時にとサザンの「さよならベイビー」リクエストした。
追加。。。レイチャールズの「SONG FOR YOU」 ラッセルやエイミーじゃなくてレイチャールズがいい。
and,  ジェフ・バックレイの「ハレルヤ」   お願いね~

2018年5月17日 (木)

姿勢

変な姿勢でTVずーっと観ていたら頸椎がおかしくなってふらふら目眩が!(時々あります)
頸椎も耳も弱いのです(ノ_-。)  この天気も相まってかな~?
今日の水泳個人レッスンキャンセルしました。。。とほほ。。。
 
この一週間で気候がめまぐるしく変わり、体調もかな?
自然児だね~なんていってられませんね。┐(´-`)┌
 
さて、PCの背景を元に戻しました。。。にゃんずのに。
 
はるが居なくなってから辛くて写真など見れなかった。会いたくなっちゃうから。
 
可愛かったなぁなんて懐かしがるのも嫌だった。現実なんて受け入れたくないよ。。。
でもはるは居ないんだよね~  だから少しずつ。。。
 
Img_0020
愛しいはる。。。。。。。。。。(涙)Img_0018
元気出すよ!

2017年8月31日 (木)

祈り

たまーに?悪態ついてごめんなさい。。。言葉って大切ですよね。(前のブログ)
 
朝とつぜん「どうやっって祈ったらいいの?」とメール。。。
思いを巡らした。。。自分だったら。。。やっぱり優等生の祈りできない。。。(優等生って?)
 
本当に辛いとき苦しいとき、布団かぶって、ただ信じる神さまに子供のようにただ助けてください、守ってくださいって祈っている。。。何度もそうだった。
 
冷静に祈れるときは世の中の事など及ぶが、、、所詮弱いただの土くれだもの。。。
神さまに
全部委ねることに。。。
 
今せつなく、苦しい。。。どうしたらいいの?ってメールしてくる彼女にできることは。。。
 
信じて祈って乗り越えて。。。と、とりなしの祈り。。。
 
また会って、お話しましょうね。。。
Img_2073
 
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ヤコブ
5:13 あなたがたのうちに苦しんでいる人がいますか。その人は祈りなさい。
詩編
50:15 苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ